ジエネリツク医薬品とは

 医薬品は、開発さねてからの一定期間は、開発した製薬会社が独占的に製造販売を行うことができます。これが特許制度で、この一定の期間を特許期間といいます。最初に開発した会社が製造、販売する薬を先発医薬品といい、これに対し、特許期間が過ぎた後で、開発した会社とは別の製薬会社によって製造、販売される医薬品をジェネリック医薬品(後
発医薬品)とよびます。

ジェネリツク医薬品は、厚生労働省が、主成分とその効果が同等であることを確かめたものであり、研究開発費が抑えられるため、先発医薬品と比較して価格が安くなります。

先発医薬品とまったく同じ?

ジェネリツク医薬品の有効成分は先発医薬品と同じですが、それ以外の添加物が異なる場合があります。そのため、先発品では現れなかったアレルギーが起こったり、体内で成分が溶ける時間が変わり、効き方が先発品と違うように感じられたりすることがあります。

 また、先発品ではかならず行われる温度や湿度による変化を調べる試験について、ジェネリック医薬品では実施する義務がないため、温度、湿度の変化による安定性が確実ではなく、品質が先発品とは異なることがあります。

ジェネリック医薬品を処方してもらうには?

 どの医薬品にもジェネリック医薬品があ るわけではありませんが、現在服用している薬を、価格の安いジェネリック医薬品に変更したい場合は、医師または、調剤薬局で薬剤師にその旨を伝えてください。処方せんの「後発医薬品に変更不可」の欄に、処方医師印がある場合を除いて、ジェネリック医薬品に変更することができます。

 ジェネリツク医薬品の品質や安定供給の確実性は、企業による差も大きいので、個別の薬ごとに判断するのが一番です。医師や薬剤師と相談し、全体的に吟味して決めるとよいでしよう。

参考資料「家庭の医学」