薬局との付き合い方

薬局には必ず薬剤師がいます

 医薬品を販売するためには、薬事法にもとづいた申請をし、厚生労働省の許可が必要となります。医師の処方せんにもとづき薬を調剤したり、市販薬などの販売を行うことができるのが薬局です。薬局とは別に、市販薬の販売のみを行う小売店もあります。

 薬局には専門知識を持った薬剤師が常駐しています。その他の一般販売店では、薬剤師あるいは登録販売者という資格をもった人がいます。薬を選ぶときや、薬についての疑間、不安があるときには、このような薬に関する専門知識がある人に相談しましょう。

基準薬局とは

 都道府県薬剤師会は、人員や設備などの薬局機能に関し、一定基準をクリアした薬局を基準薬局に認定しています。認定された薬局には、青十字に「基準薬局」と書かれたマークがあります。基準薬局では、薬剤師の人数も業務量に合わせて確保されており、地域医療にも積極的に取り組んでいます。かかりつけ薬局を選ぶ際の参考にしてください。

信頼できる薬剤師の条件

 信頼できる薬局とは、信頼できる薬剤師がいる薬局と言い換えることができます。医師には直接聞きにくいことや、薬についての不安などを気軽に話すことができる薬剤師を見つけておくとよいでしょう。

 信頼できる薬剤師を見分ける条件は次のようなものです。参考にしてください。

  1. 話をよく聞き、適切な薬を選んでくれる
  2. 薬を飲んだ後のケアもしてくれる
  3. 一般薬などでは治る見込みがないと判断したら、すぐに病院に行くよう勧めるいろいろな質問をされたうえに、薬を売ってくれなかった、という薬剤師は、親身になってくれる良心的な薬剤師です。このような薬剤師がいる薬局が自宅や職場の近くにあると安心です。安心して薬を利用するためにも、信頼できる薬局を見つけておきましょう。

参考資料「家庭の医学」